岡部工務所は、家を造る前に信頼関係を作ります。家は買うものではなく造るものです。
newbuilt_ti...
私達はお客様の新築住宅をご提案する際に、木造軸組みピン工法(以下ピン工法)をお勧めしております。通常の木造軸組み工法では、柱、梁、胴差といった構造体の結合部に羽子板ボルトを使用しています。この羽子板ボルトは構造物の耐震強度に大変重要なものですが、十数年経ちますとこのボルトが緩んでしまい、建物の耐震性に大きな影響が出てしまいます。
私も実際に築20~30年位の住宅改修工事に何件も携わってきましたが、結合部のボルトはほぼ緩んでしまっていました(もちろん施工時には締め直しました)。その様な事態を解消しましたのがピン工法です。
ピン工法の長所はそれだけではなく、柱の欠損部が少なく結合部が強固であり、建物の歪みが少なく、精度が高い。などといった事があげられます。
通常の軸組み工法よりも若干お値段は掛かってしまいますが、それに見合う価値があります。
当社ではこのピン工法に加え、外壁下地に構造用合板を使用し、より高い剛性を出す様にしました。
 

新築物件 施工例

newbuilt_it...

山梨市I様邸

こだわり貫いた和モダン住宅

 
newbuilt_it...

山梨市A様邸

中庭のある和風住宅

 
newbuilt_it...

南アルプス市T様邸

ランニングコスト削減
洋風住宅

 
newbuilt_it...

山梨市N様邸

中庭のある洋風住宅

 
newbuilt_it...

山梨市K様邸

一階が駐車場の洋風住宅

 
newbuilt_it...

甲府市K様邸

趣味スペースを取り入れた洋風住宅